仏滅に引っ越したけど気にしない

きのこっち

こんにちはー!きのこっちだよー!

「引っ越しをする日が後から仏滅だと知って不安・・・」

「仏滅だけはどうしても避けたい・・・」

仏滅かどうかはカレンダーにも記載されてるので、気になってしまう方は多いと思います。

けれど私は仏滅に引っ越したことがあります!

引越しする日が仏滅かどうかは、実はそんなに重要ではありません。

このページは「物滅に引っ越しするのが不安・・・」という方にはぜひ読んでいただきたいです。

本記事で分かること

  • 仏滅の意味が分かる
  • 仏滅に引っ越しても気にしなくていい理由
  • 実際に仏滅に引っ越した私の感想

仏滅とは何か?


そもそも仏滅にどんな意味があるのか知らない人は多いと思うので、まずはそれについての説明です。

「仏滅」はぶつめつ、と呼びます。

読んで字の如し、仏も滅するという意味があります。

全てにおいて大凶という、縁起の悪い日です。

仏滅にお祝い事を避けたほうがいいというのは、こういった由来から来ています。

仏滅に引っ越しても気にしなくていい理由

こういう話を聞いてしまうと「仏滅に引っ越すのはよくないのでは・・・」と気になってしまうかもしれません。

たしかに、古くから日本に浸透してるので、結婚式や入籍などを仏滅にするのは極力避けるべきでしょう。

こういったお祝いの日に仏滅を選んでしまうことは、一般的にも受け入れられないはずです。

けれどお引越しの場合は仏滅かどうかは気にしなくてもいいと思います。

六曜の信憑性は薄い

仏滅というのは「六曜」の一つですが、これは中国から伝わった占いだと言われています。

室町時代に一気に日本に広まり、現代まで定着しています。

けれど六曜の信憑性は薄いと言われています。

実は六曜はカレンダーを売るために取り入れられたという話もあるくらいで、六曜の「いい日」「悪い日」というのはほとんど迷信のようなものです。

仏滅に引っ越したから悪いことが起こるということも、もちろんありません。

仏滅は引っ越しする日に向いている

ここまで六曜は迷信という話をしましたが、それでも仏滅に引っ越しとなると、気になってしまう方もいるかもしれません。

仏滅はお祝い事には向きませんが、とはいえ考え方によっては引っ越しをする日に向いてると言われてます。

仏滅という字はもともとは「物滅」と書かれていました。仏という字が当てられたのは近年になってからのことです。

物滅という字には「古い物を捨てる」という意味があります。

それはつまり、新しいことを始めるには良い日というわけです。

すべてをリセットして新しいことを始める良いチャンス。

引越しは大安日よりも、むしろ仏滅にすべきだという考えもあります。

私が仏滅に引っ越した感想

冒頭にも書きましたが、私は仏滅に引っ越したことがあります。

けれど仏滅に引っ越したからといって、凶と思うようなことは一切ありませんでした。

また、私がなんで仏滅を選んだのかと言うと、この日は方位術的にはいい日だったからです。

方位術的にいい日を選んだ

引っ越しの場合は移動を伴うので、六曜ではなく、方位術的に良い日を選ぶべきです。

方位術を簡単に説明すると、良い方位へ行けばいいことが起こるし、悪い方位へいけば悪いことが起こるというものです。

「九星気学」は人気の占いなので、聞いたことがある人もいると思います。

私の場合は方位術の元祖、奇門遁甲(きもんとんこう)で占って引っ越しの方位を決めました。

引っ越しで運命が大きく変わるワケ

仏滅に引っ越したけど、問題ない

私が引っ越した日は2019年6月14日です。

この日は仏滅でした。

引っ越して一年半ほど経ちますが、現時点で大凶と思うようなついてないことは起きていません。

むしろ毎日が安定しています。

安定するような方角を選んだので、そのおかげもあってのことだと思います。

まとめ:仏滅に引っ越しても気にしなくていい理由

仏滅に引っ越しても気にしなくていいと思う理由をまとめてみました。

  • 六曜の信憑性は薄い
  • 仏滅という字はもともとは「物滅」と書かれていた。引っ越しにはむしろ良い日。
  • 実際に私が仏滅に引っ越してみたが、大凶と思うような悪いことは起きていない
  • 引っ越しの場合は、方位術的に良い日を選んだほうがいい

以上です。

というわけで楽しいお引越しライフを!!