【タロット】愚者の正位置は?逆位置は?

こんにちは、きのこっちです!

タロット愚者について知りたい猫

タロット愚者の逆位置を引いたんだけどどんな意味があるんだにゃ?ついでに正位置の意味も教えてほしいにゃ

ここはそんな風に思う方に向けてのページです。

というわけでこのページではタロット愚者の正位置・逆位置についてご紹介します!

タロット【愚者】とは?


愚者(THE FOOL)は大アルカナの0番です。

まさにこれから物語が始まろうとしているところ。

まだ何も知らない子供というイメージのカードです。

またタロット愚者は大アルカナです。

大アルカナは小アルカナに比べて意味が大きいカードと言われています。

今はあなたにとって重要な時期かもしれません。

タロット【愚者】絵柄の解釈

自由気ままな若者が崖の近くを歩いているという絵が描かれています。

若者は小さな荷物を持ってほとんど身軽な状態。

もう片方の手には白い薔薇を持っています。

陽気で楽しそうな様子で歩いていますが、先へ進むとが待ち構えています。

彼の足元では白い犬が吠えています。

そんな危なっかしい状況の彼を見て、周りの人達は「愚か者」だとバカにするかもしれません。

けれど今の彼にとって世間の声はどうでもいいこと。

青空のように澄んだ心で前へと進んでいきます。

人生は危険で満ちている。

この先どうなるかわからない。

なら、悩んでいたって仕方がない。

愚か者になることに決めて、若者は前へ進むことにしました。

崖から落ちるか、落ちた瞬間羽が生えて空を飛ぶかはあなた次第。

絵柄のキーワード

若者=未熟者

小さな荷物=知識や経験がない、四大元素が入っているという説もあります

白い薔薇=純粋、願望

白い犬=直感

崖=警告

愚者は人によって絵を見た時の印象が変わる

私は初めて愚者のカードを見たときは「キラキラしていて楽しそう」という印象を持ちましたが、お友達は「崖から落ちそうで怖い」と言っていました。

愚者は見る人によって印象が180度変わるカードだなと思います。

タロットはカードの意味を把握することも大切ですが、絵を見た時の直感や印象も大切になってきます。リーディングの際の参考にしてくださいね。

【愚者】正位置の意味は?

 

愚者の正位置は一言でいうと、自由を表しています。

自由というのは、精神的にも物理的にも自由であるということ。

何者にもとらわれないで、自分の気持ちの思うままに行動することができる。

そんな時に愚者の正位置は出てきます。

未来に可能性がある

大人になるにつれて「夢はそう簡単に叶うものじゃない」だとか「世の中そんなに甘くない」だとか、現実的な考えをするようになる人が増えていきます。

けれど、この愚者はクリアな思考の持ち主です。

まさに今から始まるというところなので、余計な思考はありません。

タロット愚者は0番ですが、0から始まる無限の可能性という意味があります。

自分の直感に従って行動することで未来が開けてきます。

自由気ままな旅人

愚者は青空のように澄んだ心の持ち主です。

好奇心旺盛でわくわくしている。

もしやりたいことがあるのなら世間体は気にしないで、自由気ままに行動すればOKです。

この時じっくり計画を立てる必要はありません。

自分の直感を信じて行動することが吉です。

愚者の正位置のキーワード

愚者の正位置のキーワードには、

  • 自由
  • 変化
  • 冒険
  • 楽観的
  • 純粋
  • 楽しさ
  • 柔軟
  • 好奇心
  • ポジティブ

などがあります。

ただ一つ注意点としては、あまりにも自由すぎると後々困ることになってしまうかもしれないということがあります。

そうすると逆位置の意味になってしまいます。

【愚者】逆位置の意味

愚者の逆位置は、愚者の良いはずの部分が裏目に出てしまっている時に引くことがあります。

「自由」というと聞こえはいいのですが、最低限の秩序やマナーですら守れていないかもしれません。

自由すぎてただの愚か者になっていないか

愚者のカードには自由奔放という特徴があります。

けれどあまりにも自由すぎるとただの愚か者になってしまいます。

どういうことかというと、やさぐれてる人を想像するとわかりやすいかもしれません。

周りの迷惑も考えないで自由奔放にやりたい放題。

些細なことでイライラする。

後先考えない行動のせいで、悪い結果を招いてしまった。

そうなってしまっている場合は、もう少し未来のことを考えるようにするといいかもしれないです。

愚者の逆位置はあなたに愚かな行動をしないようにと、警告をしています。

なので、

  • 未来の計画を立てる
  • 自分の行動に責任を持つ

というのを心がければOKです。

現状に不自由を感じている

どういう質問をしたかにもよりますが、愚者の逆位置は現状に不自由を感じている時に出てくることもあります。

恋愛なのか、お仕事なのか。

本当はやりたいことがあるのに何かが足枷になって行動できないという時に引くこともあります。

この場合は、もっと自由気ままに動いてOKです

愚者は「悩んでいても仕方がない」という感じのカードです。

自分の気持ちに素直になってやりたいことへ向けて前に進むことが大切です。

愚者の逆位置のキーワード

愚者の逆位置のキーワードには、

  • 無計画
  • 不安定
  • 無責任
  • 軽率
  • 自分勝手
  • 非常識
  • 不自由
  • 飽きっぽい

などがあります。

愚か者はほどほどにしたほうがいいかも・・・という時に出てきます。

おわりに。

今回はタロット・愚者についてご紹介しました!

私は愚者のカードが好きです☆

このカードを引いたときはあまり深く考えずにフィーリングで行動するようにしています!

崖から落ちるのは嫌だけど…笑

ということで、きのこっちからでした☆